肺がんの病期(ステージ)病期の決定法

病期はT因子、N因子、M因子を組み合わせて決定します。

原発腫瘍が画像や気管支鏡などで確認できず転移もないものは潜伏がん期、どこにも転移がみられないものは0~Ⅰ期(ⅠA1~3、ⅠB)、限られたリンパ節のみに転移があるものはⅡ期(ⅡA、ⅡB)、がんのある肺と同じ側の縦隔に転移があるものはⅢA期、反対側の縦隔に転移があるものや食道や気管にがんの浸潤が認められるものはⅢB期、肝臓や骨などに転移したり、胸水が認められたりする場合はⅣ期などとなります。

■潜伏がん期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
TX N0 M0

■0期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
Tis N0 M0

■IA1期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1miまたはT1a N0 M0

■IA2期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1b N0 M0

■IA3期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1c N0 M0

■IB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T2a N0 M0

■IIA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T2b N0 M0

■IIB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1a、T1bまたはT1c N1 M0
T2aまたはT2b N1 M0
T3 N0 M0

■IIIA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1a、T1bまたはTc N2 M0
T2aまたはT2b N2 M0
T3 N1 M0
T4 N0またはN1 M0

■IIIB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1a~T2b N3 M0
T3またはT4 N2 M0

■IIIC期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T3またはT4 N3 M0

■IVA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
TX、T0、Tis、T1~T4 N0~N3 M1aまたはM1b

■IVB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
TX、T0、Tis、T1~T4 N0~N3 M1c

日本肺癌学会編: 肺癌取扱い規約第8版, 金原出版: 6, 2017 より作表

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

更新年月:2021年9月