がんとつきあう/吐き気・嘔吐皮膚障害の原因
手足症候群/発疹・紅斑/色素沈着/乾燥/爪

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)によるがん治療を受けると、皮膚や爪の新陳代謝を行う細胞がダメージを受けます。すると、皮膚や爪へ栄養や酸素がうまく行き渡らなくなり、正常な細胞分裂をすることが難しくなります。新陳代謝が正常に行われないことにより、皮膚や爪に異変を生じます。

また、皮脂腺にも影響を及ぼすため、皮脂の分泌量が低下して、皮膚が乾燥し、皮膚のバリア機能が大きく損なわれることから、さまざまな皮膚障害につながると考えられます。

手足症候群

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)の副作用として起こりますが、なぜ起こるかはまだよくわかっていません。物をつかんだり、立ったり歩いたりすることで、強い圧力が加わる手のひらや足の裏などに多く見られる症状です。女性はハイヒール、男性は革靴などのかたい靴が刺激となって足にできやすくなります。包丁を握る料理など手を使う家事も原因となることがあります。また、薬の種類によっても現れる部位や症状には違いがあるとされています。

発疹・紅斑

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)による治療を受けるにあたって、薬の種類によっては多く見られる症状のひとつです。手足や顔、頭など局所的に出ることもあれば、全身に出ることもあります。抗がん剤(化学療法や分子標的薬)の投与直後に赤みや蕁麻疹(じんましん)のような発疹が出る場合には、アレルギー反応であることも多いため、注意が必要です。

色素沈着

メラニン細胞が刺激を受け、メラニン色素の生成が強化されるためともいわれていますが、そのメカニズムの多くはよくわかっていません。

乾燥

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)の影響で、分裂が活発な表皮の細胞がダメージを受け、角質層が薄くなり、皮脂腺や汗腺の分泌が低下することで生じるといわれています。

爪を作っている細胞は分裂が盛んです。抗がん剤(化学療法や分子標的薬)により分裂が盛んな細胞がダメージを受けると、爪の成長が阻害され、もろくなったり割れたり、ひどい場合には、はがれ落ちたりすると考えられています。

【監修】和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 山本信之先生

ページの先頭へ戻る