がん患者入門 > 通院しながら治療を続けるあなたへ > 診察室から始まる、なが~いお付き合い。どうすれば上手くいく?

通院しながら治療を続けるあなたへ 診察室から始まる、なが~いお付き合い。
どうすれば上手くいく?
自分のことを知ってもらう努力が大切!

診察の中で聞きたいことをちゃんと聞けていますか?
納得のいく治療を続けるには、主治医をはじめとした医療者との良好な人間関係が欠かせません。

がんの場合、治療法にもよりますが、退院後も定期的に通院して治療を受けることがあります。そして、治療は年単位で続くこともあります。長く続く主治医との関係を良好にするために、患者さん自身も、良いコミュニケーションが取れるよう、心配りを忘れないで下さい。

主治医とのコミュニケーションのコツ

主治医とのコミュニケーションがうまくいっているかどうかは、「自分が納得できる答えを返してくれる」かどうか、でしょう。では、納得できる答えを引き出すにはどうすればよいでしょうか?

一つは、質問の意図を明確にすることです。たとえば、「髪は抜けますか?」と聞けば、「抜けますよ」の一言で終わってしまうかもしれません。でも、「入院中に抜けるのであれば、入院前に美容院に行きたいのです。いつ頃から抜けますか?」と聞けば、もっと詳しく説明をしてくれるかもしれません。

医師は医療の専門家ですが、患者さんの生活については患者さん自身が話さない限り、わかりにくいものです。自分の生活を具体的に伝えた上でアドバイスを求めることも大事です。たとえば、職場復帰について悩んでいるなら、仕事の時間帯や勤務形態まで伝えて、「こういう仕事なんですが、職場には戻れますか?」と聞いてみてはどうでしょう。そうすれば医師も、仕事が可能かどうかだけではなく、いつ頃なら問題ないか、どんなことに注意や配慮が必要かなど、もっと具体的なアドバイスを伝えることができます。

また、プライベートや仕事で大切な予定があり、治療のスケジュールを調整したいときには、病状によっては予定を優先してくれることもあります。まずは主治医に相談してみませんか?

主治医とのコミュニケーションがうまくいかない、納得のいく答えが返ってこないと感じているときには、「なぜ」「何を」聞きたいのかを具体的に説明するなど、話の切り出し方や伝え方を工夫してみましょう。

質問がたくさんあるときには?

聞きたいことが山ほどある、あるいは、いざ医師を目の前にすると聞きたかったことを聞けずに診察が終わってしまうという方、いませんか? そんなときには事前に質問事項をメモしておくことがおすすめです。書き出すことで自分の頭の中の整理にもつながります。また、そのメモを受付のときに提出しておくのも一つの方法です。「忙しそうだから」「こんなことは答えてくれないかも」と遠慮する患者さんは多いものですが、気になることはとりあえず聞いてみましょう。ただ、診察時間は限られているので、あまりにたくさんの質問は難しいものです。事前に3点までに絞って整理しておき、「今日は3つ質問があるのですが……」と切り出せば、主治医も快く答えてくれるかもしれません。もし、どうしても主治医には聞きにくいことがあれば、看護師やがん相談支援センターで相談してみましょう。

診察の同伴、検査結果の保管方法は?

また、聞きたいことはあるのに切り出しにくいという人は、家族などに同席してもらって代わりに聞いてもらうという方法もあります。

ところで、通院治療に付き添ってもらうかどうかは、人それぞれ、状況次第です。手術や治療方針の説明時、お薬が変更になる時など、要所、要所で付き添ってもらうケースが多いようです。「聞き漏らしたり、理解できなかったりしたことを、家族(あるいは友人)が客観的に聞いていてくれるのでありがたい」と言う患者さんは多いものです。たとえば副作用の説明などは、身近な人も一緒に聞いてくれると、お互いに心構えができるため、いざ症状が出たときに不必要に慌てずにすむでしょう。転院するときなど、やるべき手続きが多いときにも、助けてくれる家族や友人が付き添ってくれると心強いものです。

また、転院で主治医が変わるとき、あるいは主治医以外の医師の診察を受けるときには、自分の治療や体の変化についてしっかり把握し、伝えられるよう準備しておくことも重要です。そのため、血液検査や画像検査などの検査結果は時系列でファイルするなど、しっかり保管しておきましょう。有料にはなりますが、手続きを踏めばカルテの情報を開示してもらうこともできます。最新の検査結果があると、他の病院・診療科を受診するときに役立ちます。

【監修】福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 主任教授 佐治 重衡 先生