がんとつきあう/吐き気・嘔吐皮膚障害の対処法
手足症候群/発疹・紅斑/色素沈着/乾燥/爪

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)によるがん治療の副作用として、手足症候群をはじめとする発疹・紅斑、色素沈着、乾燥、爪などの皮膚障害があります。これらの症状が出た場合には、皮膚科と連携して、投薬の中止・再開、減量などを行っていく必要があります。症状に応じて、皮膚の赤みや発疹を抑えるために、ステロイド剤などが使われることもあります。

日常生活のポイント

石鹸と白いタオル

皮膚障害を生じると、手先の細かな作業に困難を伴うことがあります。手足症候群に見られるように、症状が悪化すると立ったり歩いたりするのにも支障を来します。これらの症状を和らげたり、予防したりするためには、日常生活での心配りも重要です。

食事

  • 皮膚を健康に保つために、バランスのよい食事を取る。
  • 水分補給もしっかりと行い、乾燥を防ぐ。

石鹸

  • 石鹸を使って皮膚の清潔を保つ。
  • 界面活性剤を含まず、刺激の少ない中性石鹸を選ぶ。
  • しっかりと泡立て、皮膚を傷付けないようそっとやさしく洗う。

風呂

  • 熱いお風呂やシャワーを控える。

保湿剤

  • 皮膚に十分なうるおいを与えるために、尿素クリーム・ローション、ハンドクリームなどの保湿剤を、やさしくなじませるように塗って保湿する。

動作

  • 長時間の歩行や立ち仕事など、足に負担のかかることは避ける。

紫外線

  • 紫外線による刺激を避けるため日光に直接当たらないよう気を付ける。
  • 日傘をさす。
  • 日陰を歩く。
  • 長袖のものを羽織る。
  • 低刺激の日焼け止めを使用する。
  • 帽子や手袋で保護。

水仕事

  • 水仕事を行う場合には、綿などの手袋で保護した上で、ビニール手袋をする。

衣類

  • 肌を締め付けない服や靴下を選ぶ。
  • 肌への刺激が少ない綿を選ぶ。
  • 靴下や手袋で保湿効果を高めて保護。

靴・かばん

  • 靴は柔らかい素材やクッション性のあるものなど足に負担のないものを選ぶ。
  • インソールを使用する。
  • 皮膚への圧迫が少ないかばんを選ぶ。

爪の障害の対処法

治療の副作用として、爪が薄くなったり、割れたり、時にははがれ落ちたりすることもあります。対処法として、下記が挙げられます。

爪にマニキュアを塗る

  • 爪を清潔に保つ。
  • 爪や爪の周りをクリームなどでしっかり保湿する。
  • 爪を短く切る。深爪しないように注意する。
  • 爪の保護をする。爪が薄くなった場合には、トップコートなどを利用して保護する。除光液にはトルエンを含まないものを選ぶ。

爪の切り方

  • 入浴のあとなど爪がやわらかくなっているときに、爪の白い部分を1mm程残して、まっすぐ切る。爪が弱くなっている場合にはヤスリを使用する。
  • 爪の角はヤスリを使って丸く削る。深く切り込まないように注意。
    (角を深く切り込み過ぎると、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)の原因となることもある。)


大きいサイズで見る

患者さん自身がセルフケアを行うことでつらい症状を和らげたり、予防したりすることができます。皮膚を清潔に保ち、乾燥を防いで、皮膚に圧力をかけたり傷付けたりしないようにすることが大切です。皮膚に負担をかけないような服装や日常生活を心がけることで、皮膚を守りましょう。

【監修】和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 山本信之先生

ページの先頭へ戻る