がんを学ぶトップ種類別がん情報急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ急性骨髄性白血病の治療方法-化学療法

急性骨髄性白血病(AML)の治療方法化学療法

白血病の治療効果判定は、寛解かんかいという状態であるか否かで判断します。通常は骨髄穿刺の検査が必要となります。その為、白血病の治療では何度も骨髄穿刺の検査を行うことになります。

化学療法

近年、急性骨髄性白血病(AML)の治療は非常に進歩してきました。治療の基本は、骨髄中に増えた白血病細胞を死滅させ、正常な血液細胞を増やすというやりかたです。

そして、抗がん剤を用いた化学療法は、急性骨髄性白血病(AML)の第一の治療法になります。
化学療法による治療は、「寛解導入法」「地固め療法」の順でおこないます。

ページの先頭へ戻る

寛解導入療法

第一段階となる寛解導入療法の目標は、文字通り「寛解」になることです。この寛解とは、骨髄中に存在する白血病細胞が全体の5%以下の状態です。通常7~10日間抗がん剤が投与されます。その後、白血病細胞だけではなく正常な血液細胞も骨髄の中から減少します。

この時、赤血球や血小板が極端に減少した時には輸血が行われます。白血球は輸血することはできませんので、抗がん剤の投与の後、自然に白血球が増えてくることを待ちます。この期間は約4週間くらいです。

白血球が回復した時に骨髄穿刺を行い、寛解状態であるかどうかを調べます。およそ8~9割の患者さんがこの段階で寛解状態になることが期待できます。

※急性骨髄性白血病(AML)の中でもM3というタイプは治療に用いる抗がん剤が異なります。

M3においては、他のタイプの治療で用いられる抗がん剤に加えてレチノイン酸というビタミンA誘導体(all-trans retinoic acid:ATRA(アトラ))が用いられます。

その為、寛解導入療法中には他のタイプの白血病の治療ではみられないアトラによる副作用と、出血をおこしやすい状況があります。これを乗り切ることができれば、M3は急性骨髄性白血病(AML)の中でも非常に予後の良いタイプといえます。

白血病細胞を死滅させる化学療法により、多くの患者さんは治療中に不快な副作用や合併症を経験します。

考えられる副作用としては、脱力、吐き気、嘔吐、下痢、脱毛、貧血、血液凝固能の低下、食欲不振、易感染性いかんせんせい(免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすい状態にあること)および口腔・咽喉の痛みがあります。

これらの副作用に関しての詳細は後述します。

※白血病の治療は、非常に強い抗がん剤を用います。

その為、高齢者の方(65歳以上)では、年齢や体の状態、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の状態を考慮して抗がん剤の量や投与日数を減らすことがあります。また、ご高齢の患者さんや状態の非常に悪い患者さんの場合には寛解をめざすのではなく白血病細胞を減らすことを目的とした治療を行うこともあります。

このような場合は、治療後に寛解になる可能性は低くなりますが、副作用や合併症により命を落とす危険を考えるとこのような治療方法を選択せざるをえないのです。

+拡大する

ページの先頭へ戻る

地固め療法

寛解導入療法で寛解が得られたと判定されたら、血球細胞が回復したことを採血により確認した後、すぐに、第二段階となる地固め療法を行います。

この段階の目標は、寛解導入療法で5%以下になった白血病細胞を更に死滅させ、根治させることです。地固め療法でも強い抗がん剤が使われますが、これも、治療後の白血病の再発を防ぐために必要な治療なのです。

最近では、この地固め療法で強力な治療を行う事で、以前行われていた地固め療法後の維持・強化療法がおこなわなくてもよいとされています。

地固め療法でも強い抗がん剤が使われるので、寛解導入療法と同様の副作用や合併症が現れます。また、治療後に血液細胞が減少した際には、その程度に応じて赤血球や血小板の輸血が必要になることもあります。

地固め療法が終了し、効果判定にて寛解を維持していた場合は、急性骨髄性白血病(AML)のタイプや年齢や体の状態を考慮して、治療を行わずに経過をみる場合と造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)を行う場合があります。

この基準に関しては日本造血細胞移植学会よりガイドラインが出ていますので参考にしてください。

ページの先頭へ戻る