乳がんを学ぶ乳がんと早期発見 / 早期発見のために

乳がんと早期発見早期発見のために

乳がん罹患率の増加

乳がんになる女性が年々増加しているのをご存じですか?
いま、日本人女性の12人に1人が乳がんを発症しています※1
急激な増加の背景には、食生活やライフスタイルの変化があると考えられています。

発症の可能性

乳がんになる危険性は30歳代後半から40歳代にかけて急増します。しかし、どの年代にも発症の可能性はあります。「まだ若いから」「出産・授乳経験があるから」「もう閉経したから」といった理由で安心することはできません。

資料:国立がん研究センター がん対策情報センター

乳がんのリスクが高くなる方

以下のような方は、乳がんのリスクが高くなる可能性があります。定期検診を受けることをおすすめします。

  • 初潮年齢が早い
  • 初潮年齢が遅い
  • 閉経年齢が遅い
  • 家族に乳がん経験者がいる
    …など

早期治療の重要性

乳がんは乳腺に発生する悪性腫瘍です。放置すると、がん細胞が増殖して乳腺の外へも広がっていきます。そして血管やリンパ管へ入って全身をめぐり、乳腺以外のさまざまな組織や臓器へ転移します。ここに乳がんの怖さがあります。

しかしその一方で、早期※2に治療を行えば約90%の方が治るといわれています。

乳がんから命を守るために、少しでも早く発見して治療を行うことがとても重要です。

乳がんは乳腺に発生する悪性腫瘍

乳がんは、乳房の中にある「乳腺」(母乳をつくるところ)にできる悪性腫瘍です。

乳腺は、母乳を産生する「小葉」と、母乳を乳頭まで運ぶ「乳管」に分けられます。

乳がんの多くは、乳腺の中の乳管の細胞ががん化して発生します。

乳腺の外へも広がる乳がん

乳がんを放置すると、がん細胞は乳腺だけにとどまらず、血管やリンパ管に入って全身をめぐり、リンパ節や骨、肺、肝臓などのさまざまな組織や臓器への転移をひきおこします。

※1 資料:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」
※2 がんの大きさが2㎝以下で、他の組織や臓器への転移がない状態

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川 善枝 先生

ページの先頭へ戻る