乳がんを学ぶ乳がんと早期発見 / 乳がんセルフチェック

乳がんと早期発見乳がんセルフチェック

乳がんは身体の表面に近いところに発生するため、自分で観察したりふれたりすることによって発見できる可能性が高いがんです。ちなみに、乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。

チェックポイントと方法

以下を参考に、ご自身でチェックしてみましょう。

Check Point

  • 乳房の変形や左右差がないか
  • しこりがないか
  • ひきつれがないか
  • えくぼのようなへこみがないか
  • ただれがないか
  • 出血や異常な分泌物がないか

『入浴前』に鏡のまえで

  1. 両腕を下げた姿勢で、乳房や乳頭を観察します。
  2. 両腕を高く上げた姿勢で、正面・側面・斜めから乳房を観察します。
  3. 乳頭を軽くつまみ、血のような分泌液がないか調べます。

『入浴中』にバスルームで

皮膚の凹凸がよくわかるよう、手に石けんをつけて滑りやすくしておきます。

  1. 腕をあげ、乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶなどがないか調べます。
  2. 指先をそろえてわきの下に差し入れ、リンパ節が腫れていないか確認します。

『おやすみ前』にベッドのうえで

仰向けに横たわります。(肩の下に薄いクッションなどを敷くと調べやすくなります)

  1. 腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
  2. 腕を下げて、乳房の外側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます。
  3. わきの下に手を入れ、しこりがないか指の腹で調べます。

毎月1回のチェックを習慣に

普段から乳房の状態を確認していれば、小さな変化が生じたときに気づきやすくなります。

セルフチェックは、閉経前の方は乳房がやわらかくなる月経終了後1週間~10日の間に、閉経後の方は一定の日にちを決めて、毎月1回行いましょう。

変化に気付いたらすぐに受診を

少しでも変化や異変に気づいたら、すぐに専門の医療機関(乳腺外科、乳腺科、乳腺内分泌外科などの表示のある病院やクリニック)を受診しましょう。

乳がんが発生しやすいのは「外側の上部」

乳がんは、左右の乳房ともに「外側の上部」に発生しやすいので、特に注意して調べましょう。

資料:全国乳がん患者登録調査報告.第32号.2000

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川 善枝 先生

ページの先頭へ戻る