大腸がんを学ぶ大腸がんの主な治療法と副作用 / 薬物治療と副作用

大腸がんの主な治療法と副作用薬物治療と副作用

大腸がんの抗がん剤治療は、手術後のがん再発の予防のための補助治療として、あるいは根治目的の手術が困難な進行がんや再発がんにおいて延命と生活の質(QOL)の向上を目的に行われます。

手術ができない場合や再発した場合の抗がん剤治療

手術でがんをすべて切除できない場合、少なくとも自分の身の回りのことを行える、肝臓や腎臓の機能が一定の基準を満たしている、転移・再発がX線検査やCT・MRI検査などで確認できる、といった条件を満たす人には、腫瘍の増大を遅らせて延命と症状のコントロールを目的に、抗がん剤治療を行うことがあります。

抗がん剤治療によって、がんが切除可能となることもあります。再発した場合も、手術で切除できないことが多く、同じように抗がん剤治療が行われます。最初の治療(一次治療)の効果が不十分な場合、薬剤を変更して抗がん剤治療を継続していきます。標準的な治療方法は現在3つ(3次治療まで)ありますが、がんの特徴や全身状態によって変わってきます。

今後の医療の進歩で、治療方法がさらに増えることも考えられます。また、国からまだ認められていない新しい薬剤に挑戦する臨床試験(治験)を行っている病院もあるので、医師からよく説明をしてもらい治療を受けるとよいでしょう。なお、転移が肝臓だけにある場合には、肝臓の動脈に抗がん剤を直接注入する方法(肝動注療法)が行われることもあります。

抗がん剤治療における副作用

抗がん剤はがん細胞だけでなく、正常な細胞にも影響を及ぼします。特に、髪の毛、口や消化管などの粘膜、赤血球や白血球などの血球を作る骨髄など細胞分裂が盛んな細胞ほど影響を受けます。そのため、脱毛や口内炎、腹痛、下痢が起こったり、白血球や血小板の数が減少したりすることがあります。

そのほか、全身の倦怠感や食欲不振、吐き気、味覚障害が生じたり、肝臓や腎臓の障害や神経症状(めまい、手足のしびれなど)が出ることもあります。

副作用は、使用する抗がん剤により異なり、また出現する副作用やその程度には個人差もあります。そのため、治療前によく医師や薬剤師から説明を聞ききましょう。

抗がん剤の副作用による苦痛を軽くする方法や予防する薬の開発も進んでおり、特に吐き気や嘔吐はコントロールできるようになっています。副作用が著しい場合には治療薬を変更したり、治療の休止や中断を検討することもありますので、治療中でも医師、薬剤師とよく相談しましょう。

分子標的治療

大腸がんの抗がん剤治療では、さまざまな抗がん剤が用いられます。また、いくつかの抗がん剤を組み合わせて使用することもあります。また最近、分子標的薬といわれる新しいタイプの抗がん剤が使用可能となりました。

従来の抗がん剤はがんの増殖に直接作用するのに対して、分子標的薬はがんの増殖などにかかわる特定の分子だけを狙い撃ちにして、その働きを抑えるのが特徴で、分子標的薬はほかの抗がん剤と併用することで効果が高まることが期待できます。副作用も従来の抗がん剤にように髪の毛や赤血球や白血球などの血球を作る骨髄などへの影響が少なく、また食欲不振、吐き気、味覚障害なども起こりにくいとされています。

ただし、分子標的薬の種類によっては、従来の抗がん剤とは異なる副作用が起こることもあるので、注意が必要です。

【監修】国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之 先生
久保木 恭利 先生

ページの先頭へ戻る