肺がんを学ぶ肺がんの検査と診断 / 検査の流れ

肺がんの検査と診断検査の流れ

肺がんの検査にはいくつかの方法があり、目的によってどの検査を行うかが決まります。

まずは、肺がんと診断され、治療を始めるまでにどのような検査が行われるかについて、簡単に説明します。

検査のタイミングと目的

健診健康診断 など

肺に異常があるかどうか、痰の中に異常な細胞が含まれていないかどうかを調べるための検査を行います。

主に行われる検査

など

鑑別鑑別診断

健康診断などで異常が認められた場合に、がんの疑いがあるかどうか、他の病気ではないかどうかについて、より詳しく調べるための検査を行います。

主に行われる検査

など

確定確定診断

がんの疑いがある場合に、病変を直接観察して、がんであることを確かめるための検査です。

など

治療確定診断後~治療中

肺がんの広がり方、転移があるかどうかなどについて知り、治療方針を決めたり、治療の効果を調べるための検査です。

主に行われる検査

など

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る