肺がんを学ぶ肺がんの検査と診断 / 鑑別診断

肺がんの検査と診断鑑別診断

CT検査

胸部CT検査は肺がんの検査として欠かせない検査です。

CT検査はX線検査を発展させたもので、さまざまな方向から連続してレントゲン写真を撮影し、その情報をコンピュータで解析することで、体の輪切りや立体的な像を撮ることができます。がんの大きさや場所、リンパ節転移の有無など、X線検査よりも多くの情報が得られます。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る