肺がんを学ぶ肺がんの基礎知識 / 原因

肺がんの基礎知識肺がんの原因

肺がんは、肺の細胞の中にある遺伝子に傷がつく(変異する)ことで生じます。傷をつける原因にはさまざまなものがありますが、代表的なものが喫煙と受動喫煙です。その他にも、アルミニウムやヒ素、アスベストなどが原因になることが知られています。

肺がんの原因 受動喫煙の影響

がんは遺伝するのですか?

がんは、私たちが日々生活しているなかで徐々に遺伝子が傷つき、それが蓄積することによって発生します。生まれつき遺伝子に傷があり、がんになる人はごくまれなのです。

ただし、家族にがんが多い場合には、遺伝子の傷を修復しにくい体質が遺伝している可能性があります。また、家族は似たような環境で暮らし、同じような生活習慣を持っていることが多いため、それががんの大きな原因になっていることもあります。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る