肺がんを学ぶ治療法の選択 / 非小細胞肺がん

肺がんの治療法の選択非小細胞肺がん

非小細胞肺がんは、さらにこまかく「腺がん」「扁平上皮へんぺいじょうひがん」「大細胞がん」などの組織型に分類できますが、治療方針が共通していたためまとめて非小細胞肺がんとして扱われてきました。

非小細胞肺がんの治療では、手術でがんを取り除くことができるⅠ、Ⅱ期の患者さんは手術が基本となります。

がんが広がっていて手術では取り除けない場合や、患者さんの体力などが手術に耐えられないと判断された場合には、放射線治療や抗がん剤による治療を行います。

一般的な病期別治療法は以下のようになります。

非小細胞肺がんの治療方針

図内のⅠA期~Ⅳ期の各病期をクリックすると、説明箇所へジャンプします。

大きいサイズで見る

ⅠA期

ⅠA期の患者さんは、がんが肺の一部にとどまっており、その大きさも3cm以下と小さく、手術で完全に取り除くことが期待できるため、一般的には手術のみの治療となりますが、手術後の病期によって抗がん剤による治療などが行われることがあります。

ⅠB期~ⅡB期

ⅠB期~ⅡB期には、がんが大きかったり、がんのすぐ近くのリンパ節に転移がみられたりした患者さんが含まれます。

手術でほとんどのがん細胞を取り除くことができますが、検査ではわからないがん細胞の転移(微小転移)の可能性があるため、完全に切除された場合でも抗がん剤による治療を術後に行うことが勧められています。

この、手術後に行う抗がん剤による治療を「術後化学療法」と呼びます。

ⅠB期とⅡ期(ⅡAとⅡB期)では、勧められる術後化学療法の治療法が異なります。

ⅢA期~ⅢB期

ⅢA期~ⅢB期は、他の臓器への浸潤しんじゅんやリンパ節への転移などがあるものの、がんが一定の範囲にとどまっている状態です。

しかし、Ⅲ期の患者さんは、画像検査では分からない程度の小さな転移がある可能性が高いため、肺のがんとリンパ節には放射線治療と抗がん剤による治療を、目に見えない小さな転移には抗がん剤による治療を行います。

この、放射線治療と抗がん剤による治療を併用する治療法を「化学放射線療法」と呼びます。

抗がん剤には放射線治療の効果を高める作用もあるため、2つの治療法を同時に行うことが勧められています。しかし、患者さんの状態によっては、先に化学療法を行い、あとから放射線治療を行う場合もあります。

Ⅳ期

Ⅳ期には、離れた臓器(脳や骨など)への転移がみられたり、肺や心臓のまわりに水がたまっていたりする患者さんが含まれます。

この状態は、がんが進行した状態であることから、「進行肺がん」と呼びます。進行肺がんは、肺にできたがん細胞が血液にのって全身に広まっていることを示しており、手術や放射線治療ではすべてのがん細胞を取り除くことができないことから、全身に効果のある抗がん剤による治療を行います。

診断後に初めて行う抗がん剤による治療を「1次治療(ファーストライン治療)」と呼びます。1次治療の効果がなかった場合や、効果が出たあとにがんが増大してきた場合には別の種類の抗がん剤で治療を行い、この治療を「2次治療(セカンドライン治療)」と呼びます。同様に、2次治療の次に行う治療を「3次治療(サードライン治療)」と呼びます。

最近では、非小細胞肺がんは1つの病気ではなく、その原因には様々ながん遺伝子が関連していることが分かってきています。そのため、今後は患者さんの遺伝子の異常に対応した薬剤(分子標的薬)を選ぶことで、より大きな効果が得られることが期待されています。ただし、残念ながらまだすべての遺伝子に対応した薬剤があるわけではありません。そのため分子標的薬治療を始める前には、効果のある特定の遺伝子変異があるかどうかを遺伝子検査で調べておくことが大切です。

また、抗がん剤による治療と共に、症状を改善する治療(緩和医療、緩和ケア)を行って、患者さんが苦痛なく過ごせるようにします。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる