肺がんを学ぶ肺がんの病期(ステージ) / 病期の決定法

肺がんの病期(ステージ)病期の決定法

病期はT因子、N因子、M因子を組み合わせて決定します。

どこにも転移がみられないものはⅠ期(ⅠA、ⅠB)、限られたリンパ節のみに転移があるものはⅡ期、がんのある肺と同じ側の縦隔に転移があるものはⅢA期、反対側の縦隔じゅうかくに転移があるものや食道や気管にがんの浸潤が認められるものはⅢB期、肝臓や骨などに転移したり、胸水が認められたりする場合はⅣ期などとなります。

■IA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1aまたはT1b N0 M0

■IB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T2a N0 M0

■IIA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1aまたはT1b N1 M0
T2a N1 M0
T2b N0 M0

■IIB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T2b N1 M0
T3 N0 M0

■IIIA期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1aまたはT1b N2 M0
T2a N2 M0
T2b N2 M0
T3 N2 M0
T3 N1 M0
T4 N0 M0
T4 N1 M0

■IIIB期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1a~T4 N3 M0
T4 N2 M0

■IV期

がんの大きさと浸潤
(T因子)
リンパ節転移
(N因子)
遠隔転移
(M因子)
T1a~T4 N0~N3 M1aまたはM1b

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る