肺がんを学ぶ肺がんの病期(ステージ) / 病期の分類法

肺がんの病期(ステージ)病期の分類法

肺がんと診断されたら、そのがんがどのくらいの大きさなのか、他の臓器まで広がっていないかどうか、さらに詳しく検査を行い、がんの進行度合い(病期、ステージ)を決めます。

病期の評価にはTNM分類と呼ばれる分類法を使用します。これは、がんの大きさと浸潤しんじゅん(T因子)、リンパ節転移(N因子)、遠隔転移(M因子)の3つの因子について評価し、これらを総合的に組み合わせて病期を決定する方法です。

肺がんでは、病期は0期、Ⅰ期(ⅠA、ⅠB)、Ⅱ期(ⅡA、ⅡB)、Ⅲ期(ⅢA、ⅢB)、Ⅳ期に分類されます。

がんの大きさと浸潤(T因子)

T因子(T:原発腫瘍げんぱつしゅよう primary Tumor)は「がんの大きさと浸潤」を示します。

がんの大きさと浸潤(がんが周囲の臓器に入り込むこと)の状態によって、T1~T4の4段階に分類します。

T1a 腫瘍の最大径が2cm以下
T1b 腫瘍の最大径が2cmを超えて3cm以下
T2a 腫瘍の最大径が3cmを超えて5cm以下、あるいは3cm以下で胸膜に浸潤がある
T2b 腫瘍の最大径が5cmを超えて7cm以下
T3 腫瘍の最大径が7cmを超え、胸壁きょうへき横隔膜おうかくまく胸膜きょうまく心嚢しんのう(心臓を覆う袋状の膜)などに浸潤がある、または主気管支への浸潤が気管分岐部から 2cm 未満
T4 縦隔じゅうかく、心臓、大血管、気管、食道などへの浸潤がある

リンパ節転移(N因子)

N因子(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)は「リンパ節転移」を示します。

リンパ節転移のない場合はN0、転移がある場合にはどこまで転移しているかによってN1~N3の3段階に分類します。

N0 所属リンパ節転移なし
N1 がんのある肺と同じ側の気管支周囲かつ/または同じ側の肺門、肺内のリンパ節への転移がある
N2 がんのある肺と同じ側の縦隔かつ/または気管分岐部のリンパ節への転移がある
N3 がんのある肺と反対側の縦隔、肺門はいもん、同じ側あるいは反対側の前斜角筋ぜんしゃかくきん(首の筋肉)、鎖骨上窩さこつじょうか(鎖骨の上のくぼみ)のリンパ節への転移がある

遠隔転移(M因子)

M因子(M:遠隔転移 distant Metastasis)は「遠隔転移」を示します。

転移がない場合はM0、転移がある場合にはM1に分類します。

M0 遠隔転移なし
M1a がんのある肺と反対側の肺内の結節けっせつ、胸膜の結節、悪性胸水あくせいきょうすい(がんのある肺と同じ側、反対側)、悪性心嚢水あくせいしんのうすいがみられる
M1b 他の臓器への転移がある

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる