肺がんを学ぶ治療と副作用 / 主な治療法と副作用

肺がんの治療と副作用主な治療法と副作用

肺がんの治療方法は主に外科療法(手術)、放射線療法、薬物療法があり、それぞれの治療中や治療後には、副作用や合併症があらわれることがあります。

どのような症状がいつあらわれるかについては個人差がありますが、いずれも早めに気づいて適切な対処を行うことが重要です。

また、予防できる症状については予防をすることも大切です。ご自分の行っている治療ではどのような副作用が起こる可能性があるのかをよく理解し、気になる症状がみられた場合には、すぐに担当医に相談しましょう。

肺がんの主な治療法と副作用

外科療法
放射線療法
薬物療法

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る