肺がんを学ぶ治療と副作用 / 放射線療法

肺がんの治療と副作用放射線療法と副作用

放射線治療は、高エネルギーのX線を体の外から照射してがん細胞を傷つける治療法で、薬物療法と同時に行うこともあります。

小細胞肺がんでは、治療によりがんが検査でわからない位に縮小した患者さんに対して、脳への転移を防ぐために脳に放射線を照射することがあります(予防全脳照射よぼうぜんのうしょうしゃ)。また、骨や脳への転移による症状の緩和にも有効な治療法です。

放射線療法

放射線療法の副作用

放射線療法では、がん細胞に放射線を照射してダメージを与えます。

しかし、まわりにある細胞にも放射線があたってしまい、やけどのような症状を起こすことがあります。通常は一時的な症状ですが、症状がひどい場合や長引く場合には、担当医に相談してください。

皮膚炎

放射線を照射すると、照射した部分の皮膚が炎症を起こして赤くなったり、色素が沈着したり、乾燥して皮膚がむけるといった、日焼けのような変化が起こります。

また、かゆみや痛みを伴うことがあり、こするなどして刺激すると症状が強くなります。

皮膚の炎症が非常に強くなった場合には、一時的に治療を休んで、症状が軽くなるまで待つことがあります。これらの症状は、治療終了後数週間程度で落ち着きます。

放射線肺炎

肺は放射線に弱い臓器であるため、放射線療法が終了してから1~2ヵ月頃に、放射線を照射した部位に一致する肺炎がみられます。

多くの患者さんは、特別な症状もなく知らない間に数ヵ月で治まります。

しかし、もともと肺に病気があったり、肺に広く放射線を照射した場合には、照射していない部分にも炎症が広がって、重症化したり症状が長引くことがあります。発熱や咳などの自覚症状がある際には、医師に診察してもらうようにしましょう。

放射線食道炎

肺がんの放射線療法では、胸の中央にあるリンパ節にも放射線を照射することがあり、食道に放射線があたって炎症が起こることがあります。

これを放射線食道炎と呼びます。症状としては、放射線療法を始めて2~4週頃から食事の時に胸がしみる感じや痛みを感じたりします。

しかし、これらの症状は一時的なもので放射線療法が終了してから2~4週で治まる症状ですので安心して治療を続けてください。なお、このような時期にはやわらかい、刺激の少ないものを食べるように心がけてください。

脊髄症

脊髄の耐容線量(正常な細胞が耐えられる放射線量)は低く、この耐容線量を超えないように照射方法を工夫したり線量を調節します。

まれに治療が終了してから半年~数年後に、下半身の麻痺や四肢がしびれるなどの脊髄症を起こすことがあります。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る