肺がんを学ぶ肺がんの種類 / 小細胞肺がん

肺がんの種類小細胞肺がん

小細胞がん

比較的小さな細胞が密集して広がっていることから、小細胞がんと呼ばれます。肺の入り口近く(肺門部)に発生することが多く、痰の中にがん細胞がみられることがあります。ほとんどが喫煙者です。

増殖が速く、転移しやすいのですが、薬物療法や放射線療法に対する効果が高いのが特徴です。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる