乳がんを学ぶ進行/再発・転移乳がんの治療 / 局所進行乳がんの治療

進行/再発・転移乳がんの治療局所進行乳がんの治療

局所進行とは

局所進行乳がんとは、がんが乳房表面の皮膚や胸壁に及んでいる場合や、炎症性乳がんの場合、鎖骨上リンパ節にまで転移が及んでいる場合であり、病期はⅢB、ⅢC期が当てはまります。

※ まれな乳がんの1つで、通常、しこりはみられないものの、腫瘍のある乳房の皮膚が赤くむくむ、夏みかんの皮のように毛穴が目立つ、熱感が伴うといった症状がみられます。

局所進行乳がんの治療の流れ

局所進行乳がんは手術が困難であり、体のどこかに微小転移(目には見えない小さな転移)を伴う可能性が高いため、主に薬物療法を行います。薬物療法を行って乳房のしこりや腫れていたリンパ節が縮小した場合には、放射線療法や手術などの追加を検討します。

  • 化学療法
  • ホルモン療法
  • 抗HER2療法

薬物療法

基本的には化学療法を選択し、ホルモン受容体陽性であれば化学療法とホルモン療法を併用し、HER2陽性であれば化学療法と抗HER2療法を併用します。

手術・放射線療法

薬物療法後の治療としては、手術に加え、局所再発などのリスクを減らすために、術後に放射線療法を行うことが有効といわれています。手術は乳房切除術+腋窩リンパ節郭清、もしくは乳房温存手術+腋窩リンパ節郭清を行います。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授 岩瀬 弘敬 先生

ページの先頭へ戻る