生活への支援制度介護休業・介護休暇とは

介護休業とは

介護休業は、要介護状態※1にある対象家族※2を介護するためにする休業で、ある程度まとまった期間の休業となります。対象家族1人につき1回の介護休業をすることができます(一定の範囲の期間雇用者※3も対象となります)。期間は通算して93日までです。

介護休暇とは

介護休暇は、要介護状態※1にある対象家族※2の介護、その他の世話(買い物、通院の付き添い等)を行うために、1年に5日まで(対象家族が2人以上の場合は10日まで)取得する休暇で、単発で取得することができます。

介護休業・介護休暇の対象にならない場合〈一定範囲の労働者〉

※介護休業や介護休暇を取得できる方は、要介護状態にある対象家族を介護する労働者です。日々雇用される方は対象になりません。下記の一定範囲の労働者の方は、会社と、労働組合もしくは労働者の代表の間で「労使協定」が締結されている場合は、対象となりません。会社の規定を確認してください。

介護休業:
入社1年未満の方、93日以内に雇用関係が終了する方、週の所定労働日数が2日以下の方
介護休暇:
入社6ヶ月未満の方、週の所定労働日数が2日以下の方

また、個人事業主や主婦は労働者ではないので対象になりません 。

用語解説

※1.要介護状態:負傷、疾病または、身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり、常時介護を必要とする状態をいいます。

※2.対象家族:配偶者、父母、子、配偶者の父母ならびに労働者が同居し、かつ扶養している祖父母、兄弟姉妹および孫をいいます。

※3.一定の範囲の期間雇用者:申出時点において、次の I)II)のいずれにも該当する労働者です。

I) 同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること
II) 介護休業開始予定日から93日を経過する日(93日経過日)を超えて、引き続き雇用されることが見込まれること(93日経過日から1年を経過する日までに労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかである場合を除く)

執筆・【監修】社会保険労務士法人 アイ・ヒューマンリソース・サポート 特定社会保険労務士 吉岡直子氏

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる