慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML)の原因と診断 / 症状、病期

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML)の原因と診断

症状、病期

慢性骨髄性白血病(CML)は、進行度によって慢性期、移行期、急性転化期(急性期)の3つの病期に分けられます。

表.慢性骨髄性白血病(CML)の進行と状態

※表を左右にフリックしてご確認頂けます。

  正常時 慢性期(5~6年)
進行はゆっくり
移行期(6~9ヵ月)
進行は徐々に速くなる
急性転化期
進行は速い
症状   ほとんど症状はない
または軽い症状(倦怠感、微熱、体重減少など)がみられる
貧血、発熱などがみられる
脾臓が腫れて大きくなる
貧血、出血、高熱など、急性白血病のような症状がみられる
骨髄の中   白血病細胞でいっぱいになる 白血病細胞にさらなる異常が発生し、悪性化する 芽球でいっぱいになる
  がん化した芽球は成熟して増える。
見た目や機能が正常な血液細胞と同じ白血病細胞になる)
がん化した芽球は成熟しないまま増殖する。
(見た目や機能が正常な血液細胞と異なる白血病細胞になる)
 
血液の中   白血病細胞が多数ある
赤血球、血小板、白血球は機能をある程度持っている
  芽球が増えていっぱいになるため、成熟した赤血球、血小板、白血球はつくられなくなる

芽球:成熟していない若い血液細胞のこと

慢性期では、芽球ががん化しても成熟することができるため、見た目や機能が同じ白血病細胞になります。
移行期以降では、成熟することができないため、芽球が増えます。

白血病細胞は、何も治療をしないでいると、時間の経過にともなって絶え間なく増え続けます。また、別の遺伝子異常が起こりやすく、遺伝子異常が起こると、病期が進行し、治療が難しくなる可能性があります。
そのため、慢性期のうちに治療を始め、白血病細胞の数を減らし、慢性期を維持することが重要です。早期から適切な対策を行うことで、病期の進行を食い止め、治療目標を達成する確率が高くなります。

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる

-->