慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ治療法 / 治療中はどのような検査で効果を調べますか?

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ治療法

治療中はどのような検査で効果を調べますか?

治療効果は白血病細胞の減少レベルに応じて、血液学的検査、細胞遺伝学的検査、分子遺伝学的検査の結果から判定されます。治療効果が得られるにつれ、より感度の高い検査方法に変更していきます。

表.治療効果を判定するための検査

※表を左右にフリックしてご確認頂けます。

感度 検査名 検査の内容 採取部位 実施頻度のめやす
より高い 血液学的検査 血液中の赤血球、血小板、白血球の数、白血球の種類を確認。 血液 血液学的寛解を達成するまでは1~2週間ごとに、その後は3ヵ月ごとに実施。
細胞遺伝学的検査
(FISH[フィッシュ]法、Gバンド法など)
骨髄中の細胞20~100個から、フィラデルフィア(Ph)染色体陽性の白血病細胞を確認。

検査値は、Ph染色体陽性の白血病細胞の割合をパーセント(%)あるいは20個中のPh染色体陽性の白血病細胞の個数であらわされる。
(たとえば、20個中4個ならば20%、4/20となる。)
骨髄液または血液 細胞遺伝学的寛解を達成するまでは、3、6、12ヵ月ごとに実施され、それ以降は12ヵ月ごとに骨髄中の細胞を用いて実施。
分子遺伝学的検査(リアルタイムRT-PCR法など) BCR-ABL遺伝子の量を測定。
検査値は、遺伝子のコピー数を国際指標で補正したパーセント(%)であらわされる。
血液 実施頻度は3ヵ月ごと、分子遺伝学的効果を達成した後は3~6ヵ月ごとに実施。

*検査や、検査を行う頻度は一般的な内容ですので、患者さんによって異なる場合があります。
参考文献 Baccarani, M. et al.:Blood 122(6):872-884, 2013

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる

-->