気をつけたい言葉、かけてあげたい言葉

気をつけたいこと、意識しておきたいこと

家族の誰かが「がん」と告げられたときに、家族が第一にやるべきことは、患者さんの話をじっくり聞くことです。とはいえ、自分の身に突如降りかかった困難を前に、患者さんの心は揺れ、日々移ろっていることでしょう。たとえ家族であろうと、その移ろいやすい心を読み取るのはなかなか難しいことですし、ときに衝突や誤解が生じることもあるかもしれません。それでも根気よく患者さんと向き合ってください。「心と心の対話」は家族だからこそできる、最大のサポートなのですから──。

ここでは、対話の際に頭に入れておきたい事項をいくつかご紹介します。より深いコミュニケーションをとるための手段として覚えておきましょう。

軽率な励ましの言葉をかけない

家族が病気で気落ちしているのを見ると、つい励ましたくなりますよね。しかし、ときに励ましの言葉は、患者さんを追いつめることになります。「がんばってね」、「がんなのに、偉いね」、「あなたはがんばってるよ」、「早く良くなるといいね」……これらの言葉はとても前向きなものに聞こえますが、患者さんの立場になって聞くと、とてもつらい言葉なのです。

同じ励ましの言葉でも、「一緒に乗り越えようね」、「ひとりでがんばらないで、家族を頼ってね」、「がんばるのはあなたじゃなくて、お医者さんだから」、「ひとつずつクリアして、もとの生活を取り戻していこうね」といった表現にすると、患者さんが受け取るイメージはかなり変わってきます。励ましの言葉は、「自分が患者さんだったらどう感じるか」を考えてからかけるようにしてください。患者さんが、些細なことでも悪く考え否定な言葉で話すこともあるでしょう。そんな時ほど励ましの言葉を言ってしまいますが、「そう思ったんだね。」「つらいね」と一緒に泣くことで相手を落ち着かせることがあります。

回答を用意しようとせず、「聞き手」に徹する

病気の家族が悩みや問題を抱えていると、「なんとか今すぐ解決してあげないと!」と思いがちですが、多くの場合、患者さんは「回答」ではなく、「聞き手」を必要としているのです。実際、病気や悩みを抱えている人というのは、回答を提案しても、しばらくすると再度同じことを話したり聞いたりする傾向があります。

上手な「聞き手」になるには、患者さんの話を否定せず、つねに会話は患者さんにリードさせてください。タイミングよくあいづちを打ち、大きくうなずき、ときおり患者さんの目をしっかりと見ましょう。多少オーバーに見えても、「私はあなたの話をしっかりと聞いていますよ」と相手に伝えることが大切です。相手が考え込んで黙ってしまった場合は、会話を急かしたり促したりせず、一緒に黙ってみてください。

患者さんと一緒に、少し先のことをイメージしてみる

患者さんとの会話は、病気のこと、病院のこと、治療のこと、家族の役割分担のことなど、今目の前にある問題が大半を占めることでしょう。しかし、たまには少し先の将来についてイメージすることも大切です。

「今の治療が終わったら、ちょっと遠くまでハイキングに行きたいね」、「入院が始まるとしばらく贅沢できないから、その前に豪華なディナーを食べに行こう」、「来月は手術からちょうど3年経つから、親戚も集めてパーティーでも開こうか」など、少し先の未来に、できるだけ現実的なごほうびを考えることは良い気分転換になります。特に大事なのは、「一緒に」そのときを迎える、というイメージを患者さんに強く持ってもらうことです。
つまり具体的な生きる目標は、希望につながるからです。

【参考文献】「家族がガンになったときすぐに知りたいQ&A」 矢沢サイエンスオフィス編 2006年
学習研究社 季羽倭文子著 2010年 池田書店
【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる