家族は「第二の患者」

看病の過程で起こる、家族の心の問題

がんと分かったとき、治療が行なわれているとき、治療効果が得られたとき、再発が分かったとき、病状が進行して治る見込みがなくなったとき、残された時間が限られていると知ったとき──その時々で、患者さんと同様に、家族の心はさまざまに揺れ動きます。そうして精神的にも肉体的にも追い詰められ、不安・抑うつなどの心理的ストレスが認められるケースが多いことが、研究により明らかになってきました。

つまり、家族は患者さんと同様の感情を抱くことから「第二の患者」といえるのです。このことを自覚し、家族は「患者さんのサポーター」として患者さん自身の役割を委譲されたり治療の重要な決断に関わったり、同時に「第二の患者」として同じ思いを持つ仲間になるのです。そうしてはじめて、家族が一丸となって、がんに向き合うための良き理解者として冷静な役割を求められるのです。このことは患者さんより大変なことかもしれません。

以下に、家族にふりかかる代表的な心理的ストレスの3例をご紹介します。

「がん」と告げられたときの衝撃

家族の誰かが「がん」と告げられたとき、あなたはどう思うでしょうか。「そんなはずはない!」、「なぜ今まで誰も教えてくれなかったんだ!」、「なぜ私の家族がつらい目に遭わないといけないんだ!」──おそらく、そのどれもが当てはまるのではないでしょうか。

自分の大切な家族が「がん」だと知ったとき、心には強い葛藤があらわれます。そして時間が経過し、最初のショックがおさまると、次にやってくるのは現実的な問題です。勤め先にはどのように伝えるか、治療費はどこから捻出すれば良いのか、どうやってサポート体制を作っていくのか……それらに対処しているうちに、自分の内に起こっている精神的負担は後回しとなり、気付けば大きなストレスとなって家族の心を苦しめることになるのです。

生活スタイルの変化によるストレス

がんの治療が進んでいくと、家族の生活スタイルは多少なりとも変化します。たとえば、これまで家事を一手に引き受けていたお母さんが、治療のために家を空けることが多くなると、家族が代わって家事をこなさなければなりません。

このように、これまで患者さんが担ってきた役割を、家族で手分けして引き受けなければならないという負担は、じつは家族にとって大きな問題となることが多いのです。この役割分担がうまくいかないと、家庭内に不満や怒りがたまり、常に緊張状態が続くことになってしまいます。

不確定な将来に対する不安や恐怖、無力感

患者さんはもちろんのこと、家族を苦しめる大きな要因となるのが、「がんが再発・転移しないか」、「本当にこのまま治療を続けて治るのか」などの、不確定な将来への不安や恐怖です。

検査の結果が良かったり、治療の効果を得られたときは、これらの感情から解放されて、一時的に幸せな気持ちで満たされますが、またしばらくすると再燃する感情であるため、慢性的なストレスとなって家族の心に影響を及ぼします。

また、家族であるからこそ、「自分は何もしてあげられない」と強い無力感を抱くものです。治療については医師にゆだねるしか方法がなく、患者さんに替わって痛みを引き受けることもできない家族は、ことあるごとに無力感と自責の念にさいなまれます。結果が悪いと、誰かのせいにして当たったりしてしまいます。

自分の生活も大事にし、リラックスする

患者さんをサポートするため、家族が寝る間も惜しんで看病に専念していると、やがて必ず限界がくるでしょう。また、「家族ががんになって苦しんでいるのに、私だけ楽しむことなんてできない」と、これまで楽しんでいた趣味や娯楽をいっさい断つ人も少なくありません。

しかし、ときには患者さんから離れて、リラックスする時間を作ることも大切です。ずっと気を張り詰めて、ストレスが溜まっている状態で患者さんと接するのは、双方にとって良くないこと。「少し気持ちが窮屈になってきているな……」と感じたら、思いきって「やりたいことをやる時間」を作るようにしましょう。ひとりで抱え込まず、患者さんが行なっていた家庭での役割についても、家事ならヘルパーさんなど周りの誰かに助けを求めたり、同じ思いの患者家族の方々と話すのもいいでしょう。

【参考文献】「家族がガンになったときすぐに知りたいQ&A」 矢沢サイエンスオフィス編 2006年
学習研究社 季羽倭文子著 2010年 池田書店
【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる