生活への支援制度介護休業給付金とは

介護休業給付金は、雇用保険の被保険者で一定の条件を満たす方が、職場復帰を前提として家族を介護するために介護休業を取得した場合に支給される給付金です。ただし、介護休業開始日の前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヵ月以上ある場合等に支給されます。

※複数回支給
同一の対象家族について、介護休業給付金を受けたことがある場合であっても、要介護状態が異なることにより再び取得した介護休業についても、介護休業給付金の対象となります。ただし、この場合は同一家族について受給した介護休業給付金の支給日数の通算が、93日が限度となります。

支給額

休業開始時賃金日額×支給日数(30日)×67%(40% ※)

※ 平成28年8月1日前に介護休業を開始した方に適用する給付率等になります。

以下の場合は給付金の対象となりません。
・介護休業期間中の1ヵ月ごとに、休業開始前の1ヵ月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われている
・就業日数が1ヵ月に11日以上ある

また、支給額には上限があります(毎年8月1日に変更されます。)

申請窓口

勤務先管轄のハローワーク

【監修】国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センター 坂本はと恵氏