RCC(腎細胞がん)についてRCC(腎細胞がん)はどうやって見つかるの?

RCCは大きくなると、尿に血が混じったり、腹部のしこりや痛みなどの局所の症状や、発熱、体重減少などの全身症状が現われてきます。しかし早期の段階では、ほとんど症状はありません。

最近は画像診断技術の進歩や人間ドックの受診増加とともに、健康診断や他の病気で検査を受けた際に偶然発見される、症状のない小さなRCCとして発見されるケースが増えてきています。

監修:慶應義塾大学病院 泌尿器科 教授
大家 基嗣 先生

更新年月:2020年11月