がんの痛みを学ぼうがんの痛みと原因

がんの痛みはよくみられる症状のひとつで、患者さんの約半数、進行した方では三人に二人の方※1が何らかの痛みを経験していると言われています。今、このサイトをご覧になっている方のなかには、実際に痛みの症状を抱えている方や、がんと診断されたばかりで痛みに対して不安な気持ちになっている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、痛みは治療によって和らげることができます。ですから、痛みを我慢せずに医療従事者に相談することがとても重要です。

うまく治療に結び付けていくために、まずはがんの痛みにはどのようなものがあるのか、何が原因となっているのかなどについて知っておきましょう。

がんの痛みの種類

なぜ、がんでは痛みを生じるのでしょうか。その原因の多くはがん自体によるものですが、それ以外の原因で生じることもあります。

がん患者さんに生じる痛みは次の三つに分けられます。

  • ①がん直接による痛み
  • ②がん治療による痛み
  • ③がん・がん治療と直接関連しない痛み

これらのように、がん自体が引き起こす痛みばかりでなく、がん患者さんはさまざまな場面でさまざまな痛みを自覚しています。一般的には、がんによる痛みを「がん疼痛(とうつう)」と呼んでいます。

がん直接による痛み

がん細胞が周囲の正常な組織や臓器に広がる「浸潤」、がんの「増大」、別の臓器や器官への「転移」などが原因となって引き起こされます。がんで生じる痛みのほとんど※1が、がん自体によるもので、がんのある場所や転移した場所、進行度、体の構造などによって、痛みの生じ方や強さ、痛みの種類などが変わります。

痛みの生じ方や強さ、痛みの種類※2

痛みの生じ方 体を動かすと痛みが出る/押されると痛い/日中あるいは夜に痛みが出る/痛みに波がある/一日中ずっと痛い など
痛みの強さ 0~10の段階/まったく痛みがない~これ以上の強い痛みは考えられない/笑顔~泣いている顔 など、痛みの強さを数字や言葉、絵で表現します。
痛みの性状 重い痛み/持続的にうずく痛み/さしこむような痛み/締め付けられるような痛み/ジンジンとしびれる痛み/チクチクと刺すような痛み/電気が走るような痛み/焼けつくような痛み など

がん治療による痛み

手術や薬物療法、放射線治療など、がん治療によって生じる痛みです。

がんの手術後、手術跡やその周りに短期間痛みが生じたり、それが長く続いたりする場合があります。また、薬物療法によって関節痛や筋肉痛、末梢神経障害、手足症候群、口内炎などによる痛みやしびれ感が生じることもあります。

また、放射線治療は、がんの痛みの治療として用いられる場合もありますが、がん治療として行った際に副作用として口内炎や咽頭・食道・胃の粘膜炎、腸炎、皮膚炎が生じ、痛みが出ることがあります。放射線治療の副作用として出る痛みは通常、放射線を当てた部位に生じます。

がん・がん治療と直接関連しない痛み

腰痛・関節炎・糖尿病性末梢神経障害など、がん以外の病気による痛みや、頭痛・生理痛といった誰でも経験するような痛みです。また、がん療養中に帯状疱疹などの合併症を患い、痛みを自覚することもあります。

入院や加齢によって筋肉量が減ることで腰痛や関節炎を起こしてしまっているケースや、がん以外の疾患も治療中の患者さんでは、その疾患によって生じる痛みをがんの痛みと誤解してしまうことがあるかもしれません。

がんの痛みは、多くのがん患者さんが経験します。また、がんの進行度によらず起こりうる症状で、なかには、診断前や早期のステージで痛みを感じる人もいます。

ですから、痛みが強いからといってがんが進行しているのではないかと心配する必要はありません。患者さんのなかには、
「がんで痛みがあるのは仕方のないことだ」
「痛みは自分にしか分からないのできっと理解してもらえない」
「痛い痛いと訴える患者は嫌な患者だと思われてしまうのではないか」
「痛みがあるなら、と積極的ながんの治療が中止されてしまうのではないか」
などの考えから、医療従事者に痛みがあることを隠したりうまく伝えたりすることができない方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、痛みがあることで患者さんがおいしく食事がとれなかったり、仕事や家事に支障を来してしまったり、夜きちんと眠れなかったり……といったように、日常生活に大きな影響を与えてしまってはいけません。

痛みを和らげるための治療や工夫があるので、痛みや痛みに対する不安を抱えている方は、ためらわずに医療従事者に相談しましょう。その際は、どこがどのように痛いのか、何をすると痛みが出るのか、痛みが出やすい時(時間や体勢など)、その痛みがどの程度生活に支障を来しているのか、などについて伝えられると良いでしょう。がんの痛みの伝え方は、「がんの痛みを感じている方へ」で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

少しでも早くその痛みを和らげて快適な治療や療養生活が送れることが、何よりも大切です。

※1 患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド増補版(編集:特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 ガイドライン統括委員会)
https://www.jspm.ne.jp/guidelines/patienta/2014/pdf2017/patienta.pdf

※2 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2020年版(編集:特定非営利活動法人 日本緩和医療学会 ガイドライン統括委員会)
https://www.jspm.ne.jp/guidelines/pain/2020/pdf/pain2020.pdf

リンク先のサイトはファイザーが所有・管理するものではなく、ファイザーはこれらのサイトの内容やサービスについて一切責任を負いません。

【監修】獨協医科大学麻酔科 教授 山口重樹 先生

作成年月:2022年5月

ONC46L002B