大腸がんのステージ(病期)と治療方針大腸がんのステージ(病期)分類

大腸がんのステージ(病期)分類

がんの広がり具合(進行度)はステージ(病期)で表されます。

大腸がんのステージは、がんが大腸の壁に中にどのくらい深く侵入(浸潤)しているか(深達度)、どのリンパ節までいくつの転移があるか(リンパ節転移の程度)、肝臓や肺など大腸以外の臓器や腹膜へ転移しているか(遠隔転移)により決まり、進行度が最も低いステージ0から進行度が最も高いステージIVまでの5段階に分類されます。

治療前にCTなどでステージを予測し、手術で切除した組織を顕微鏡で調べた結果も合わせて、最終的なステージを判定します。

ステージから大腸がんが治る可能性や、再発する可能性を予測できるため、治療方針の決定に役立ちます。

ステージ分類

ステージ0:
がんが粘膜の中にとどまっている。

ステージⅠ:
がんが大腸の壁(固有筋層)にとどまっている。

ステージⅡ:
がんが大腸の壁(固有筋層)外まで浸潤している。

ステージⅢ:
リンパ節転移がある。

ステージⅣ:
遠隔転移(肝転移、肺転移)または腹膜播種がある。

深達度による分類
(ステージ0~Ⅱ)

リンパ節転移による分類
(ステージⅢ)

遠隔転移による分類
(ステージⅣ)

【監修】国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之 先生
久保木 恭利 先生