がん患者さんのお悩み相談室:アピアランス編がん患者さんの爪と指先のケア

~がん患者さんのお悩み相談室~

Q.弱くなった爪のケアはどうしたらよいですか?

保湿と保護が大切です。

抗がん剤治療の影響で薄くなったり、黒ずんだりした爪。そのままにしていると、割れたり、何かにひっかけたりしてしまいます。ちょっとしたケアを心がけましょう。

爪にやさしいマニキュアを

マニキュアを塗る

手足の爪も、抗がん剤の影響を受けやすい部分です。薄く欠けやすくなったり、黒ずんだり、筋が入ったり、表面が凸凹になったり、二枚爪になったり……。「ちょっと当たっただけで爪が割れてしまった」という方も。
もろくなった爪が欠けたり割れたりしないように、保護してあげることが大切です。
ひとつの方法は、マニキュアやジェルネイルを塗って補強すること。マニュキュアを取るときのリムーバーは皮膚に刺激を与える場合もあるため、症状がひどい場合は、使用する前に医療従事者に相談しましょう。

マニキュアは、リムーバー不要で無臭タイプのものを探したいところ。天然素材で作られたものは、爪にやさしく、刺激臭もありません。色のラインナップも多く、「爪の変色も隠せる」と、患者さんにも人気です。きれいな爪は、ココロも明るくしてくれることでしょう。
無色透明のものや、肌や爪の色に近いもの、マットな質感に仕上がるトップコートを使えば、普段マニキュアを使わない男性も、違和感なく爪を保護することができます。

剥がせるジェルネイルも

そのほか、剥がせるタイプ(ピールオフ)のジェルネイルを使っていたという方もいます。ジェルネイルを塗ることで、凸凹していた爪の表面が平らになります。剥がせるタイプであれば、リムーバーも必要ありません。
また、ネイルサロンによっては、美容だけではなく、爪のトラブルに関する相談にのってくれるところもあります。患者さんへの施術経験も豊富なネイリストさんもいるので、そうしたネイルサロン、ネイリストさんをインターネットなどで探してみるのもよいでしょう。
なお、つけ爪やジェルネイルは、検査機器に影響を与えることがわかっています。検査前には必ずとっておきましょう。ネイルサロンへ行くのは、検査後がよいですね。

あなたの治療をサポート

【ネイルサロン】
手先が明るいと、気分も明るくなることがあります。自らのがん経験を活かして患者さんをサポートしているネイリストさんなど、インターネットなどで情報を検索してみてください。

※不明な点がある場合は、必ず医療従事者に相談しましょう。

【監修】神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科 部長 山下 年成先生