がん患者さんのお悩み相談室:アピアランス編がん患者さんの洋服の選び方

~がん患者さんのお悩み相談室~

Q.術後の傷跡が気になります。洋服を選ぶポイントを教えてください。

締めつけないもの、楽に着られるものを選びましょう。

治療後は、それまで何気なく着ていた洋服や下着が窮屈に感じられることも。ゆったりと締めつけないものを選びましょう。

ちょっとでも締め付ける服は避けましょう

スウェットを着た女性

洋服を選ぶときのポイントは、なにより、患部を締めつけないことです。治療をする前にはまったく気にならなかった程度の締めつけでも、治療後には予想以上に圧迫感が気になったりするものです。 開腹手術を受けた方は、ズボンのボタンやベルトのバックルといったちょっとしたものが当たって傷が痛むことも。ウェストがゴムになったズボンのほうが、楽に着られるかもしれません。

また、「お店の人に相談したら、ウェスト部分にやわらかい布をあててくれた」という声もありました。治療後に体型が変わって、ズボンがゆるくなったときには、あえてちょっとゆるいまま着て、サスペンダーでつるというのもひとつの方法です。 女性は、ストンとしたワンピースなど、やわらかい生地のウェストの締めつけのないものがいちばん楽かもしれません。

乳がんの手術後は、締めつけ感のないものを

乳がんの手術直後は腕が上がらないことが多いので、前開きの洋服、あるいは下から着られるものが便利です。ブラジャーも、ワイヤー入りのものは患部に当たって痛いので、とくに手術直後はノンワイヤーで、締めつけ感がなく、腕を上げなくてもつけられるものを用意しておきましょう。
最近では、乳がん患者さんのためにデザインされたブラの開発も進んでいます。ソフトなつけ心地で、縫い目が肌に当たらないようにデザインされていて、前開きタイプのものもあります。
そのほか、「重宝していた」とよく聞くのが、カップ付きインナー。術後の腕が上がらない時期には下から着られて、胸を全摘していてもカップがカバーしてくれます。カップ部分の凹みが気になる場合は、パッドが入れられるタイプのものを。乳がん患者さん用のブラを販売しているメーカーでは、パッドのみの販売も行っていますし、古いブラのパッドを再利用するという方法もあります。
また、左右の胸の大きさが違うとブラがずれやすいので、「できるだけピタッととまるブラがいい」という方もいました。その場合、スポーツブラや「あえてワンサイズ小さいカップ付きインナー」をつけている方もいます。

開腹手術後には大きな下着が役立ちます

開腹手術の場合は、下着(パンツ)も締めつけない、大きめのものがおすすめです。「妊婦さん用のパンツを履いていた」「おじいちゃん・おばあちゃん用のおへそまでカバーしてくれるパンツを履いていた」など、とにかく大きいサイズのものを用意しておくと役立ちます。 また、排尿・排泄障害がある方は、さっと下せるズボンが便利です。ボタンやホックは、手にしびれやむくみがあると余計に外しづらく、焦るとなおさら時間がかかります。外出時間や外出先によっては、尿もれ用吸水ナプキンやパッドをしのばせておくと、万が一のときに安心です。

あなたの治療をサポート

【お直しサービス】
治療によって、これまで気に入っていた洋服が着られなくなるのは淋しいものです。ウェスト周りをゆったりさせる、ゴムを入れるなど、お直しサービスを利用すれば、お気に入りの洋服が、無理なく着られるようになるかもしれません。また、最近では販売員に思いきって希望を伝えれば、さまざまな形でのお直しに対応してくれることもあるようです。

【監修】神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科 部長 山下 年成先生