尿路上皮がんを学ぶ(膀胱がん、腎盂がん、尿管がんなど)尿路上皮がんの治療の種類と副作用・合併症

尿路上皮がんの外科手術※1

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)

初期の膀胱がんで選択される治療法です 。電気メスがついた内視鏡を尿道から膀胱に挿入し、内視鏡で腫瘍が確認された組織を切除する方法です。内視鏡的に腫瘍を切除する手術ですが、切除してきた組織の病理診断を行う検査の役割も同時に果たしています。

0期またはⅠ期の膀胱がんであれば、TURBTだけで治療が完了することもあります。TURBTは全身麻酔か腰椎麻酔で行われ、入院が必要となる治療法です。

TURBTの術後合併症として、再出血、感染症、排尿時の痛みが生じることがあります。また、尿道に入れた管を抜いた後、一時的に頻尿になったり尿を排出しにくくなったりする場合もあります。

膀胱全摘除術(ぼうこうぜんてきじょじゅつ)

膀胱を全て摘出する手術です。膀胱がんの患者さんで行われます。男性の場合は、膀胱と一緒に、前立腺、精のう、尿管の一部と骨盤のリンパ節を切除します。尿道にがんが再発するリスクが高いと判断されたときには、尿道も一緒に摘出することもあります。女性の場合は、膀胱と一緒に、子宮、腟壁、尿管の一部、尿道、骨盤のリンパ節を切除します。手術の際には全身麻酔を行い、入院が必要な治療です。

尿路変向術(にょうろへんこうじゅつ)

膀胱を全て摘出した後、膀胱の代わりに尿をためておく場所と「ストーマ」と呼ばれる尿の出口を作る手術です。尿路変向術には、主に、回腸導管造設術、尿管皮膚瘻(にょうかんひふろう)造設術、自排尿型新膀胱造設術という3つの方法があります。患者さんの生活パターンやがんの状態によって選択する術式を決定します。医師とよく話し合って長所と短所を理解した上で選択しましょう。

尿路変向術では、尿管と尿道、腸の接合部分、尿の出口であるストーマなどが狭くなると尿の流れが悪くなり水腎症を起こすこともあります。その場合には狭くなった部分に管を入れて尿を排泄します。

① 回腸導管造設術(かいちょうどうかんぞうせつじゅつ)

回腸導管造設術は、小腸(回腸)の一部を左右の尿管につないで尿の通り道の回腸導管を作り、その先を皮膚の外に出してストーマ(人工膀胱)を造設する方法です。ストーマには尿をためる装具(パウチ)を装着します。

② 尿管皮膚瘻造設術(にょうかんひふろうぞうせつじゅつ)

尿管皮膚瘻造設術は、切断した尿管を皮膚に直接縫い付けストーマを造設する方法です。左右の尿管を一つにまとめて1つのストーマを造設する一側性と 、左右の尿管の先に1つずつ合計2つのストーマを造設する両側性があります。最も単純な尿路変向術でからだへの負担も少ない方法ですが、ストーマの穴が狭くなる狭窄が起こるリスクがあります。

③自排尿型新膀胱造設術(じはいにょうがたしんぼうこうぞうせつじゅつ)

自排尿型新膀胱造設術は、小腸に新しい膀胱(代用膀胱)を作り尿道につなぐ方法です。尿意は感じないので定期的に腹圧をかけて尿を出さなければなりませんが、ストーマやパウチなどの装具をつける必要がないのが利点です。ただし、新しい膀胱が安定するまでは尿漏れしやすいのが難点です。尿道を切除した人や腸閉塞を起こしたことのある人などはこの方法は行えないので、他の尿路変向術を選ぶことになります。

腎尿管全摘除術(じんにょうかんぜんてきじょじゅつ)

がんが発生した側の腎臓と尿管、膀胱壁の一部を全て摘出する手術です。腎盂・尿管がんの患者さんで行われます。一般的には、膀胱の一部を摘出する膀胱の部分切除も一緒に行います。手術の際には全身麻酔を行い、入院が必要な治療です。

腎尿管全摘除術では、片方の腎臓を摘出した影響で、尿の量が減ってむくみが出たり血圧が不安定になったりすることがあります。

手術の合併症

外科手術の合併症には感染症による発熱、手術のキズ口の細菌感染、再出血などがあります。

放射線療法※1,2

放射線治療

Ⅱ・Ⅲ期の膀胱がんで患者さんが膀胱の温存を望む場合や合併疾患などがあって手術を受けるのが難しいときには、体の外から膀胱に放射線を照射する放射線治療と化学療法を組み合わせて治療することがあります。放射線治療と化学療法とTURBTを組み合わせることで、膀胱温存療法に用いられることもあります。

また、Ⅳ期の尿路上皮がんで、骨や脳にがんが転移しているときや、膀胱から出血があるときなどには、痛みや出血を軽減させる目的で放射線治療を行います。

一般的には外来通院で行う治療です。

放射線治療の副作用

放射線治療の副作用は照射した部位に起こるため、その症状はどこに放射線を照射したかで異なります。治療中に起こりやすい副作用は、だるさ、吐き気、嘔吐、下痢、食欲低下、白血球減少などです。膀胱周辺に放射線を照射した場合には、頻尿、排尿時痛、皮膚炎などが起こることがあります。治療終了後、数ヵ月~数年以上経ってから、腸管や膀胱に出血や炎症の合併症が生じる場合もあります。

薬物療法

膀胱内注入療法/腎盂・尿管内注入療法※1,2

膀胱内でがんが再発するのを防ぐために、尿道からカテーテル(管)を挿入して膀胱や腎盂・尿管に抗がん剤あるいはBCGを直接注入する治療法です。他の治療法と組み合わせて行われる場合が多く、どの膀胱内注入療法を行うかは、再発および進展のリスクに応じて選択されます。

膀胱内注入療法/腎盂・尿管内注入療法の副作用

BCGの注入療法では、頻尿、排尿時痛、血尿、発熱、発疹などの副作用が生じることがあります。また、まれではあるものの、関節痛や、膀胱が萎縮する後遺症が起こることもあります。

全身薬物療法/抗がん剤(化学療法)※1,2

抗がん剤は、がん細胞の細胞分裂を阻止して増殖を抑え、がん細胞を破壊させる薬です。抗がん剤を用いた治療を化学療法と呼びます。膀胱がんや腎盂・尿管がんの手術の前か後に抗がん剤による治療を組み合わせることがあります。Ⅳ期の患者さんが最初に受ける化学療法では、複数の抗がん剤を組み合わせて点滴投与します。

抗がん剤(化学療法)の副作用

抗がん剤はがん細胞だけではなく、増殖の速い正常な細胞も攻撃します。そのため、抗がん剤を点滴投与する全身薬物療法は、副作用が出やすい治療です。尿路上皮がんの治療に使う抗がん剤で起こりやすい副作用は、脱毛、口内炎、吐き気、下痢、白血球や血小板の減少などです。

全身薬物療法/免疫チェックポイント阻害薬※3,4

免疫チェックポイント阻害薬は患者さんのからだに備わっている免疫の働きを活発にして、がんを攻撃する薬です 。通常、免疫細胞の働きによってがん細胞は攻撃・排除されますが、がん細胞が免疫細胞の働きにブレーキをかけて攻撃から逃れることがあります。免疫チェックポイント阻害薬は、そのブレーキを解除し、免疫細胞の働きを活性化させます。近年、尿路上皮がんにする効果が確認された、新しいタイプのがん治療薬です。尿路上皮がん Ⅳ期の最初の化学療法の効果を持続させるための維持療法、あるいは、化学療法で効果が得られなかった患者さんの治療選択肢の一つとして免疫チェックポイント阻害薬が用いられています。

免疫チェックポイント阻害薬の副作用

治療中や治療終了後しばらく経ってから、間質性肺炎、肝機能障害、重度の下痢、1型糖尿病、甲状腺機能障害、下垂体機能障害、重症筋無力症などの副作用が起こることがあります。発熱、息切れ、吐き気・嘔吐、食欲不振、下痢など副作用の徴候がみられたときには、担当医や看護師、薬剤師に連絡することが大切です。

※1 国立がん研究センターがん情報サービス「膀胱がん」治療(2021年7月時点)
https://ganjoho.jp/public/cancer/bladder/treatment.html

※2 国立がん研究センターがん情報サービス「腎盂・尿管がん」治療(2021年7月時点)
https://ganjoho.jp/public/cancer/renal_pelvis/pdf/renal_pelvis.pdf

※3 日本泌尿器学会 編. 膀胱癌診療ガイドライン 2019年版. 医学図書出版, 2019. 「Ⅵ. StageⅣ 膀胱癌の治療」

※4 日本臨床腫瘍学会 編. がん免疫療法ガイドライン. 金原出版, 2019. 「2. 免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理」

リンク先のサイトはファイザーが所有・管理するものではなく、ファイザーはこれらのサイトの内容やサービスについて一切責任を負いません。

【監修】山口大学大学院医学系研究科 泌尿器科学分野 大学院担当教授 松山豪泰 先生

更新年月:2021年8月