乳がんを学ぶ乳がんの検査と診断 / 乳がんと症状

乳がんの検査と診断乳がんと症状

乳がんとは

乳がんは、乳房にある乳腺にできる悪性腫瘍です。乳房はほとんどが母乳をつくる乳腺でできています。乳腺は乳頭を中心に15~20の乳腺葉で構成されており、乳腺葉は、母乳をつくる「小葉」と、小葉でつくられた母乳を乳頭まで運ぶ細い枝状の「乳管」とに分けられます。

乳がんの約95%以上が乳管の上皮細胞にできる乳管がん、約5%が小葉にできる小葉がんです。ほかにも粘液がんや管状がん、腺様囊胞せんようのうほうがんといった特殊なタイプの乳がんがありますが、あまり患者さんは多くはありません。

乳房の中でも乳房の上部のわき側にできるがんが全体の約40~50%を占めるとされています。これにはわきの下も含まれます。乳がんのできる場所は1カ所にとどまらず、2カ所以上になることもあります。

がん細胞が乳管や小葉内にとどまっている状態を非浸潤がんと呼び、がん細胞が増殖し、乳管や小葉の外に広がった状態を浸潤がんと呼んでいます。

非浸潤がんと呼ばれる早期がんの段階では多くが治るといわれていますが、早期の乳がんでは自覚症状があまり感じられません。がん細胞が時間の経過とともに増殖し、浸潤がんとなり、気が付いたときには血管やリンパ管へと広がっていることがあります。乳がんの診断を受けたときには、リンパ節や脳・骨・肺・肝臓など遠くの臓器にがん細胞が運ばれて、新しいがんを発生する遠隔転移をしていることもあります。遠隔転移をしたがんはほかの臓器に発生していても乳がんの特徴を持ち、もとからその臓器に生じるがんとは性質が異なります。

乳がんの症状

早期の段階では自覚症状に乏しいとされる乳がんですが、病期の進行とともに症状が現れます。よく知られる症状のひとつが乳房のしこりです。乳腺のしこりはほかの病気でも見られ、約90%が良性とされますが、乳がんのしこりは硬く、あまり動かないのが特徴です。しこりを発見したら、自己判断せず、専門医の診断を受けましょう。

乳頭や乳輪に湿疹やただれを生じたり、乳頭から血の混じったような分泌物が出たりといった症状が見られるときも乳がんが疑われることがあります。がんの進行とともに乳房にえくぼのようなへこみを生じることもあります。皮膚の赤みや腫れ、熱っぽさといった症状にも注意しましょう。乳房に感じる痛みから乳がんが発見されることもあります。乳がんがわきの下のリンパ節に転移すると、わきの下の腫れやしこり、しこりによる神経の圧迫からくるしびれなどを生じることもあります。

こうした症状はほかの病気などでも現れることがありますが、早期発見のためにもなにか異変に気が付いたら、専門医の診断を受けることが大切です。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授 岩瀬 弘敬 先生