乳がんを学ぶ乳がんの検査と診断 / 診断

乳がんの検査と診断診断

病期(ステージ)分類

乳がんの進行度合いを示す指標として「病期(ステージ)分類」があります。

病期は以下の3つの要素を総合的に判断して決められ、0期、Ⅰ期、Ⅱ期(ⅡA、ⅡB)、Ⅲ期(ⅢA、ⅢB、ⅢC)、Ⅳ期に分類されます。

①しこりの大きさがどれ位になっているのか
②周囲のリンパ節(わきの下、胸骨の内側、鎖骨上など)にどれ位転移しているのか
③乳房から離れた遠くの臓器(乳がんでは主に骨、肺、肝臓、脳)に転移しているかどうか

これらの病期は、治療方針を決定する際の重要な要素になります。また、病期とがん細胞の性質を調べることで、将来がんが再発するリスクをある程度推測することができます。

乳がんの病期分類

※表を左右にフリックしてご確認頂けます。

リンパ節への転移 しこりの大きさ
しこりを認めない 2cm以下 2~5cm 5cmを
超える
大きさを問わない
あるいは
炎症性
乳がん※1
遠くの
臓器への
転移なし
転移なし ⅡA ⅡB ⅢB
わきの下
(しこりは動く)
ⅡA ⅡA ⅡB ⅢA ⅢB
わきの下
(しこりは固定されている)
あるいは胸骨の内側
ⅢA ⅢA ⅢA ⅢA ⅢB
わきの下と胸骨の内側の両方
あるいは鎖骨の上下
ⅢC ⅢC ⅢC ⅢC ⅢC
遠くの
臓器への
転移あり

0期:非浸潤がんあるいはパジェット病※2

※1 まれな乳がんの1つで、通常、しこりはみられないものの、腫瘍のある乳房の皮膚が赤くむくむ、夏みかんの皮のように毛穴が目立つ、熱感が伴うといった症状がみられます。
※2 まれな乳がんの1つで、乳がん細胞が乳頭もしくは乳輪の表皮内に進展し、赤くただれたり、湿疹のような症状が出ます。

サブタイプ分類

サブタイプ分類は、がん細胞が持つ遺伝子の性質でがんを分類する考え方です。手術や針生検などで採取した乳がんの組織を調べることで、どのタイプのがんなのかがわかります。

乳がんは、ホルモン受容体、HER2、がん細胞の増殖活性(Ki67値)という3つの要素によって、5つのサブタイプに分類されます。

3つの要素

[ホルモン受容体が陽性か陰性か] がん細胞がER(エストロゲン受容体)もしくはPgR(プロゲステロン受容体)と呼ばれる女性ホルモン受容体に反応して増殖するかどうか
[HER2が陽性か陰性か] がん細胞がHER2タンパクとよばれる受容体に反応して増殖するかどうか
[Ki67値が高いか低いか] がん細胞の増殖活性(がん細胞が増えようとする力)の程度を示すKi67値が高いか③低いか

※表を左右にフリックしてご確認頂けます。

サブタイプ分類 ホルモン受容体 HER2 Ki67 薬物療法
ER PgR
ルミナルA型 陽性 陽性 陰性 ホルモン療法
ルミナルB型
(HER2陽性)
陽性 陽性あるいは陰性 陽性 低~高 ホルモン療法、化学療法、抗HER2療法
ルミナルB型
(HER2陰性)
陽性あるいは陰性 弱陽性あるいは陰性 陰性 ホルモン療法、化学療法
HER2型 陰性 陰性 陽性 化学療法、抗HER2療法
トリプルネガティブ 陰性 陰性 陰性 化学療法

乳がんに対して薬物療法を行う際は、このサブタイプに適した薬剤が選択されます。治療後の経過を予測するのにもサプタイプは有効です。

乳がんの半数以上は、治療効果が高く、治療後の経過がよいルミナルA型とされています。ルミナルA型と比べてがん細胞の増殖力の高いルミナルB型ではホルモン療法だけでなく、化学療法も用いられます。またHER2陽性の場合は抗HER2療法も行われます。HER2が陽性のHER2型は、全体の10%といわれ、化学療法と抗HER2療法が行われます。ER(エストロゲン受容体)もPgR(プロゲステロン受容体)もHER2もすべて陰性であることからトリプルネガティブと呼ばれるタイプの乳がんでは、化学療法のみが用いられます。全体の10~15%を占めるといわれています。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授 岩瀬 弘敬 先生