がんとつきあう(がん治療の副作用)がん関連疲労の対処

がん関連疲労に対処するために心がけておくこと

がん関連疲労に対処するには、医療チームによるフォローや治療を受けるのはもちろんのこと、あなた自身の日頃の意識も重要なポイントとなります。以下に、あなた自身でできる、疲労対処のためのヒントをご紹介します。

栄養

  • 特に指示がなければ、肉、牛乳、卵、豆類等のたんぱく質を含んだバランスのとれた食事を摂りましょう。
  • 水分は多めにとるようにしましょう。
  • 食事について、管理栄養士のアドバイスを聞くのもよいでしょう。

運動

  • あなたにとって安全で有効な運動は何か、してはいけない運動は何かなど、担当医や医療チームに相談しましょう。
  • 状況によっては、理学療法士に相談するようにと指示されることがあります。理学療法士は、あなたの運動メニューや運動スケジュールを計画し、フォローします。
  • 運動を楽しむことが何よりも重要です。
  • 急に激しい運動をするのではなく、強度の弱い運動から徐々に始めていきましょう。
    その日の体調に合わせて運動強度を調整することも大切です。
  • 肩まわしや腹式呼吸は全身のリンパの循環を良くします。寝ていてもできる運動です。

【監修】がん研究会有明病院 乳腺センター 乳腺内科部長 高野利実 先生

更新年月:2021年2月