肺がんQ&Aがんと診断されました。何から考えたらよいですか?

がんと告げられることは、心に大きな衝撃を受けるものです。告知を受けた直後は、「まさか自分が」と受け入れがたい気持ちになったり、何も考えられなくなったり、自分を責めてしまったり、怒りが込み上げてきたり、さまざまな感情に揺さぶられる方が少なくありません。これらは、大きな衝撃から心を守ろうとするごく自然な反応です。

尚、多くの方が時間の経過とともに気持ちが落ち着き、冷静に物事を考えられるようになってきます。まずはあわてないことが大切です。告知の直後には重要な決断はせず、落ち着いてから行うようにしましょう。

【監修】国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センター 坂本はと恵氏

更新年月:2021年11月