肺がんQ&Aがんの治療と仕事を両立するためには、どんなことが大切ですか?

復職にあたっては、会社にあなたの病気や治療の状況を十分に知ってもらうことや、主治医にあなたの就労状況を伝え、状況を考慮した上でアドバイスをもらうことが重要です。しかし、ご自身ではうまく説明できないこともあるかもしれません。そんなときは、担当医や看護師、お近くの「がん相談支援センター」などに相談してみましょう。がんの治療と就労の両立支援を行う制度があり、例えばあなたの勤務情報を会社と共同で文書として作成して主治医に渡すことで、就労状況を考慮したアドバイスをもらったり、会社(産業医等)に対して病院(主治医)から直接あなたの病気や治療情報を提供してもらったりすることができます。

その際、一定の条件をみたしていると、保険診療の「療養・就労両立支援指導料」対象となり、診断書等の費用負担が軽減されます。

【監修】国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センター 坂本はと恵氏

更新年月:2021年11月