肺がんの基礎知識肺がんの症状※1

「この症状があれば肺がんだ」というものはありませんが、咳、痰、血痰けったん(血の混じった痰)、発熱、息苦しさ、動悸、胸の痛みなどの症状がきっかけとなり、肺がんの診断につながることがあります。

最も多くみられるものは、咳、痰ですが、これらはかぜや気管支炎でもしばしばみられる症状です。血痰は気管支拡張症や進行した肺結核、発熱はかぜや気管支炎でもよくみられます。息苦しさ、動悸は慢性閉塞性肺疾患や心臓病、胸の痛みは、心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤、気胸、胸膜炎などの病気でもよくみられるものです。

このように肺がんではさまざまな症状を呈するため、症状のみでは肺がんと診断することはできません。そのため、さまざまな検査を行って診断を確定していきます。

肺がんの主な症状

  • 血痰
  • 発熱
  • 息苦しさ
  • 動悸
  • 胸の痛み など

肺がんの症状 咳、発熱

※1 西日本がん研究機構(WJOG)編: 患者さんのためのガイドブック よくわかる肺がんQ&A, 金原出版: 28-29,2014

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

更新年月:2021年9月