肺がんの基礎知識肺がんの患者数

がんは日本人の死因として最も多い病気ですが、肺がんの死亡率はその中でも比較的高いことが知られており、2018年には約7.4万人が肺がんで亡くなっています※1

主な部位別がん死亡率の年次別推移

肺がんの患者数 主な部位別がん死亡率の年次推移 男性

肺がんの患者数 主な部位別がん死亡率の年次推移 女性

国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(人口動態統計) 全国がん死亡データ(1958年~2018年)より作図

※肺がんは気管、気管支のがんを、子宮がんは子宮頸がんを含む。大腸がんは結腸と直腸S状結腸移行部および直腸のがんの合計。最新年は年計(概数)

※1 国立がん研究センター がん情報サービス がん登録・統計
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html 2020/11/26参照

リンク先のサイトはファイザーが所有・管理するものではなく、ファイザーはこれらのサイトの内容やサービスについて一切責任を負いません。

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

更新年月:2021年9月