GIST関連用語集腹膜播種(ふくまくはしゅ)

がん細胞が、原発臓器から腹壁や横隔膜、腸管、腸間膜の表面などに散らばり、付着・増殖して目に見える大きさとなることを播種と言い、腹膜にできた播種を腹膜播種と言います。

監修:藤田医科大学病院 臨床腫瘍科 准教授
澤木 明 先生

更新年月:2020年11月