panNET関連用語集腹膜播種

がん細胞が腹壁や横隔膜、腸管、腸間膜の表面などに散らばり、付着・増殖して目に見える大きさとなることを播種と言い、腹膜にできた播種が腸閉塞や腹水貯留をひきおこすこともあります。

更新年月:2021年4月