皮膚がんを学ぶ皮膚がんとは

皮膚がんとは

皮膚の構造について

皮膚には表皮と真皮があります。
表皮は、上から角層、顆粒層、有棘層、基底層と、層が重なり、真皮へと続きます。表皮の中にある顆粒層には顆粒細胞、有棘層には有棘細胞やランゲルハンス細胞、基底層には基底細胞やメラノサイト(色素細胞)といった、たくさんの細胞があります。表皮の一番底にあって、真皮にある神経の末端とつながっているのがメルケル細胞で、皮膚感覚の刺激を伝える役目を果たしています。真皮の中には、毛幹や毛包、汗腺、神経やリンパ管、血管などが存在し、その下に脂肪組織などの皮下組織があります。

皮膚がんとは

皮膚がんには、主に上皮系のがんと肉腫と呼ばれるがんがあります。上皮系のがんとは、主に表皮から生じる、あるいは表皮の中にある細胞から生じるがんを指し、肉腫とは、表皮以外の細胞から生じるがんを指します。

皮膚がんの代表的なものが、基底細胞がん、有棘細胞がん、悪性黒色腫(メラノーマ)、乳房外パジェット病です。これらはいずれも表皮に存在する組織から生じ、上皮系のがんに含まれます。そのほかに、汗腺がん、脂腺がん、毛包がんなどがあります。これらのがんが生じる組織は、真皮の中にありますが、表皮からつながり、表皮と同じ構造であるため、上皮系のがんとして考えます。
一方、真皮以下の組織から生じる肉腫と呼ばれる皮膚がんの代表的なものが、血管肉腫や隆起性皮膚線維肉腫などです。
皮膚がんは、血管やリンパ管、線維なども含めて、皮膚の中のさまざまな組織から発症するため、このほかにもたくさんの種類があります。

皮膚がんの原因

皮膚がんを発症する原因としては、主に紫外線が挙げられます。慢性の炎症や刺激が原因で生じることもあれば、パピローマウイルスやポリオーマウイルスなどのウイルスが影響することもあります。遺伝子レベルでの変異の影響も指摘されていますが、多くの皮膚がんの発症メカニズムはいまだにはっきりとはしていません。

かつては、熱傷や外傷の瘢痕(はんこん※傷跡)を原因とした皮膚がんも多く見られましたが、現在では瘢痕が残らないよう、熱傷や外傷がきれいに治療できるようになったため、瘢痕から生じる皮膚がんは減少しています。

皮膚がんの早期発見

皮膚がんの多くは、進行がゆっくりで、段階的にがん化していくため、早期の段階で見つけて治療することが重要です。早期であれば、手術がしやすく、切除範囲も小さくて済み、術後のQOLも保たれるというメリットがあります。

がんになる前の前癌病変での早期発見が大切とされますが、前癌病変とひと言で言っても、狭い意味で捉えるのか、広い意味で捉えるのかでも意味合いが異なります。良性に近いレベルのものから、表皮の中で既にがん化して表皮内がんとなっているものまで、幅広くあります。やけどの痕も放っておけば皮膚がんになる可能性があるという意味では前癌病変と考えることができます。表皮内がんになっている場合には治療の対象です。

皮膚がんのセルフチェック

皮膚がんと区別しづらいものに、ホクロやイボ、シミ、湿疹、皮膚炎などがあります。しかし次のような症状や変化が出てきたら注意が必要です。

セルフチェックの方法
  • 皮膚に突然見慣れないホクロやイボ、シミ、湿疹などが出てきた
  • 以前と比べ、大きくなってきた
  • 以前と比べ、色が変わってきた(色が赤くなったり黒くなったりしてきた)
  • 以前と比べ、形が変わってきた
  • ジクジクしたり、出血してきた

このチェックは、疾患の診断に代わるものではありません。気になることがあれば医療機関を受診してください。

皮膚がんは、ホクロやイボと間違ったり、「以前からあるものだから大丈夫」と自己判断して受診が遅くなったりするケースが見られます。以前からあるものだからといって良性とは限らず、必ずしも安心だとは言えません。上記のような症状や変化、特にジクジクしたり、出血などの症状が出てきたりした場合は、がんが進行し始めている可能性があるので、早めに皮膚科の専門医に相談しましょう。
また、皮膚がんは高齢者に多く見られるがんです。高齢になると老人性のイボやシミなども出てくるため、さらに判断が難しくなります。患者さん自身のほか、周囲にいる家族などの気づきも重要です。
皮膚がんは、ホクロやシミ、湿疹や炎症性の病変などに似ていることが多いため、皮膚の病変を見ただけでは、がんかそうでないかの区別がなかなかつきません。皮膚がんかどうかを診断するためには、皮膚を拡大鏡で観察するダーモスコピー検査、皮膚の組織を取って検査する病理組織検査が必要となります。

皮膚がんが進行した場合

皮膚がんが進行すると、出血したり、臭いを生じたり、感染を起こして熱が出たりします。痛みを伴わないことが多いものの、症状が悪化していくことが目に見えてわかるのはつらいことです。紫外線を多く浴びる顔に出ることも多く、治療することによって傷跡が残ることもあり、QOLが落ちることも考えられます。皮膚の異変に気が付いたら、自己判断せず、皮膚科の専門医に相談して、早期発見につなげましょう。

【監修】大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科 爲政 大幾 先生