皮膚がんを学ぶ皮膚がんの種類

皮膚がんの種類

皮膚がんは皮膚を構成するあらゆる組織から生じるため、さまざまな種類があります。代表的なものとして、基底細胞がん、有棘細胞がん、悪性黒色腫(メラノーマ)、乳房外パジェット病、血管肉腫、まれなものとしてメルケル細胞がんが挙げられます。

基底細胞がん

日本人にもっとも多く見られる皮膚がんです。基底細胞がんは、表皮の一番底の部分、基底層にある基底細胞によく似た細胞が増殖するがんです。基底細胞そのものががん化するわけではないといわれていますが、正確なメカニズムははっきりしていません。紫外線の影響が大きく、目や鼻の周りなどの顔に出ることが多く見られます。しかし、原因は紫外線だけとは限りません。基底細胞がんは、組織を破壊する力が強い場合があるものの、転移はほとんど見られず、いのちに関わることの少ないがんのひとつです。主な治療法は、手術による切除です。

有棘細胞がん

有棘細胞がんは、表皮にある有棘細胞が悪性化して生じます。基底細胞がんと同様に、紫外線が多く当たる部分に発症することの多い皮膚がんです。子宮がんの原因としてよく知られるヒトパピローマウイルスが有棘細胞がんの原因となることもあります。有棘細胞がんの場合、慢性の炎症や刺激、膿皮症といった前駆症や日光(光線)角化症、ボーエン病などの前癌病変からがんに至ることが多く見られます。主な治療法は手術ですが、病期によっては、薬物療法や放射線治療が用いられることもあります。

日光角化症

日光角化症は有棘細胞がんの前癌病変です。カサカサして赤みを帯びたシミのようなものが現れます。長年日光にさらされる仕事に携わってきたような高齢者では、複数出ていることもあります。しかしながら、それらがすべてがんになるわけではなく、過剰に心配する必要はありません。日光角化症は幅のある病気で、炎症レベルのものから表皮内でがん化しているものまでさまざまです。治療が必要な場合には、切除手術や炭酸ガスレーザー照射、塗り薬などの治療を行いますが、症状が軽い場合には、紫外線を防ぐだけで治ることもあります。しかし、極端な遮光はビタミンDの不足によるくる病を引き起こす可能性があるため、適度な紫外線予防が、とりわけ高齢者では大切です。

ボーエン病

ボーエン病は、湿疹によく似た赤色や褐色の類円形の斑ができる病気です。表面はざらざらとしており、かさぶたができることもあります。表皮の中で横へ横へと広がって大きくなり、深部には行きづらい前癌病変です。前癌病変の段階で見つけることが重要です。進行すると有棘細胞がんの一種として捉えますが、有棘細胞がんが日光が当たる部分に多く発症するのに対して、ボーエン病は日光が当たらない部分に出やすいのが特徴です。治療は、手術による切除を行います。

悪性黒色腫(メラノーマ)

メラノサイトから生じるがんが悪性黒色腫です。メラノーマとも呼ばれます。メラノサイトは、色素細胞とも呼ばれ、メラニン色素をつくる細胞です。表皮の基底層に存在するメラノサイトは皮膚以外にも眼や粘膜などにも存在するため、眼や鼻、口の中、消化管などの粘膜にもメラノーマが生じることがあります。日本人では手足や爪部にできることが多く、外からの慢性的な刺激なども原因のひとつとして考えられています。進行が早く、再発転移しやすい皮膚がんとして知られていますが、良性のホクロと見分けづらいため、ホクロと思っていたものの色や大きさが変わるなどの異変に気が付いたら、皮膚科の専門医を受診しましょう。

治療法としては、第一に、手術を考えます。術後に再発転移防止のために薬物療法が行われることもあります。手術ができない場合や、ほかの臓器への転移がある場合は、主に薬物療法が選択され、免疫チェックポイント阻害薬による免疫療法や分子標的薬、抗がん剤などが用いられます。従来、メラノーマには放射線治療は有効でないとされてきましたが、現在は局所に集中的に必要な線量を当てることができる治療法も現れ、放射線治療が選択されることもあります。

乳房外パジェット病

乳房パジェット病は、アポクリン汗腺のある外陰部や肛門、腋窩(えきか:腋のしたのこと)などに生じる表皮内がんです。広い意味では汗腺がんや乳がんなどに似た腺がんの一種です。かゆみを伴う赤みを帯びた湿疹など、良性の病変とよく似ています。有棘細胞がんの前癌病変である日光角化症やボーエン病と同様に表皮の中を進みやすいですが、この段階(上皮内がん)のうちに早期発見することが大切です。手術による切除が主な治療法となります。

血管肉腫

血管肉腫は、血管をつくる内皮細胞に由来するがんです。高齢者の頭皮から生じるものが多く見られます。内出血のような赤い斑や盛り上がった赤い発疹で始まり、出血とかさぶたを繰り返すような症状が見られることもあります。悪性度の高いがんで、病期の診断が難しく、標準治療も定まっていません。治療法としては、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせていく場合が多いです。

メルケル細胞がん

メルケル細胞がんは、表皮の一番下の部分に存在するメルケル細胞から生じます。メラノーマと同じく、進行が早く再発転移しやすい皮膚がんのひとつです。赤く表面がつるっとした硬いしこりが特徴です。紫外線が当たる場所に出ることも多く、紫外線が重要な原因のひとつと考えられています。詳しくは、「メルケル細胞がん」のページで解説しています。

【監修】大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科 爲政 大幾 先生